夫婦ででかけよう

外出について

買い物の荷物は持たないことです。極力、自分だけがきついという状況を作らない事です。
外出の際、子供の抱っこも夫にお願いします。重たいものは持てないという事を始めから伝えておくことで、何も言わなくても夫がやってくれます。
きついことをやってしまうと自分だけが苦労しているような感覚になってしまうので、最初からそうならないように気を付けています。

なるべく休日は一緒にどこかへ出かけるようにしています。
もちろん、出かけるのが好きな人ばかりでは無いでしょうから、必ず外出をすすめるわけではありません。
お互いの意見を尊重し合うことで夫婦円満のみならず家庭円満にもつながります。

休日の私と子供の予定のメール送信を忘れないことです。
子供たちも成長し、休みの日に一緒に出かけることはほとんどなくなりました。
それでもたまに気が向くと声をかけてくるので、予定が入り出かける時は仲間はずれっぽくならないように、必ず連絡をしておきます。

なるべく一緒にでかけるようにする、そのときにストレスを溜めないようにする、家族の外出の予定を共有しておく。この3つを守れば、完璧ですね。

デートについて

高級なレストランへいくわけではありませんが、子供が幼稚園の時に二人でランチするようにしています。
二人きりでご飯を食べることも大切です。子供がいるといけないようなジャンルの食べ物屋さんに行って、子供を抜きでランチをすると恋人気分を味わえます。

休日に一緒に出掛ける時は、できるだけ楽しそうにするように心がけています。
間違ってもふくれっ面や無表情は避けて、たわいないおしゃべりをしながら歩くんです。
夫も、本当は家でゴロゴロしていたいと思っているかも知れませんが、それでも付き合ってくれているのだから、せめて気持ちよく過ごしてもらえるようにと思っています。

年に何回かは、子供達を両親に預けて2人きりでデートをしています。
そのときはなるべく普段子連れでは行けないような、ちょっと雰囲気の良いレストランなどに行って、結婚前の新鮮な気分を取り戻すようにしています。
普段の感謝を伝えたり、プレゼントを用意したりすると、より特別感が出るのでおすすめです。

やはり、定期的に恋人気分を思い出すのは大切ですよね。
いつもはできないお洒落をすることで、旦那さんの気持ちを逃がさないようにしましょう。
デートを目標にすれば、普段から女性を意識した生活ができるかもしれませんね。

関連ページ

夫を立てる・プライドを傷つけない
男性に限った話ではありませんが、プライドは大切です。メンツを潰さないように、夫を立てるように気を遣っている奥さんが多かったです。
夫婦でも「お礼」を忘れないようにしよう
ついつい忘れがちになってしまうのが、お礼です。「ありがとう」とちゃんと言っていますか?やってもらって当たり前になっていませんか?
スキンシップや女磨き
身体に触れるのは、幸せホルモンのセロトニンの増加にもつながります。キスやハグはハードルが高いなら、マッサージがおすすめ。
夫へのちょっとした気づかい
何かをしてあげるだけでなく、余計なことをしないようにするのも立派な気づかいです。夫へ気を遣っていることを聞きました。